第二次の構造部材

冷間圧延部材

二次構造部材のフレーミングは棟木、胴差し、庇(ひさし)ストラット、風力ブレース、フランジブレーシング、底角、クリップ及びその他の構造部分です。

棟木、胴差しと庇(ひさし)ストラットは最小降伏強度345メガパスカル(50,000 psi)を有する鋼鉄から冷間圧延され、ASTM570(グレード50)、ASTM A-653(グレード50)又はそれに相当する基準を満たしています

Z -棟木/ 胴差し

棟木と胴差しはZ型セクションで構成され、200mm高の64mmフランジは16mmの硬化リップを持ち、フランジ部と45˚の角度になっています。

 

庇(ひさし)ストラット

庇(ひさし)ストラットは高さが200mm、上部フランジの幅が104 mm、下部フランジの幅が118mm、いずれもルーフスロープに平行に位置づけされます。各フランジは、24 mmの硬化リップを有しています。

 

C セクション

C-セクションは高さが200mm、フランジ部が100mmです。フランジはウェブに対して垂直であり、24mmの硬化リップを有しています。.


警戒を強めているロッド

警戒を強めているロッドは、最低限を250MN/m2(36,000psi)の強さがあるASTMの身体の仕様書に、A36または等価物を確かめます。


あなたはここにいますか

© 2012 Kirby. All rights reserved. Website designed by Vipcom